写真の保存先…ストレージがなくなってきました。

これまで何百枚、数千枚写真を撮ってきましたが、ストックフォトサイトに投稿するにはある程度の解像度が必要です。

となると写真一枚当たりの容量は大体4~6MBくらいです。そして枚数が数千枚と増えてくると簡単に10GBを超えてきてしまいます。

そこで問題になってくるのがストレージ!

いわゆるデータの保存先ですが、一時はBDドライブを購入してBDディスクにと考えていましたが、使用しているノートPCに光学ドライブがついていないため外付けのBDドライブが必要になってきます。

しかしBD一枚あたりに保存できるのはだいたい25GB、そして写真のデータを確認しようにも外付けドライブを毎回取り付け、ディスクを読み込んでという作業が必要になります。

そしてデータを削除したり等の整理をしようにも毎回BDを作り直さなければならず、BDディスクのRWも結構高かったりします。

そこでそれならいっそのこと大容量ハードディスクを購入してそちらで管理してしまおうと思いました。幸いHDDの値段も内臓タイプなら1TBでも5000円前後とかなり値段も安くなっており、USBの64GBメモリよりも安く買えてしまいます。

ただ内臓HDDでも外付け用のケースがないことには直接USBポートに差し込むわけにはいかず、外付け用のHDDケースも必要になってきます。

そこで今回は内臓用HDDドライブとそのHDDケースを一緒に用意してしまおうというわけです。

今回用意したのはこちら

HDDと
WD HDD 内蔵ハードディスク 2.5インチ 1TB WD Blue SATA 6Gb/s 130MB/s メーカー保証2年 WD10SPZX

外付け用のハードディスクケースSalcar 【USB3.0】 2.5インチ 9.5mm/7mm厚両対応 HDD/SSDケース SATAⅠ/Ⅱ/Ⅲ対応 UASP対応 Windows/Mac 工具不要 簡単脱着 5Gbps 1年保証

です。

WDのHDDは動作の安定性に定評があり、私の自作PCのCドライブにもこのメーカーのHDDを採用して3,4年経ちますが全く問題なく使えています。

以前別のメーカーのHDDを同時期に2台購入して使っていましたが、半年足らずで同時に2台とも自然内部破損。それ以来そこのメーカーのHDDとそこのメーカーのHDDが採用されている外付けHDDは買わないようにしています。

さてそれではどうやって内臓HDDを外付けにするかですが、

セッティング自体は簡単で

1、ケースを開けて

2、そこにHDDを差し込んでケースを閉める!

3、背面ロックのスライドボタンでロックして完了!

あとはケース付属のUSBケーブルで本体につなげば外付けHDDの完成です!

内臓HDDの外付けHDD化の最大のメリットとしては

安心できるHDDメーカーのHDDを使って安い価格でいいものを使える!

というのがありますので中にどんなHDDが使われているかわからない外付けHDDを買うよりかは安心して運用できるためこれが一番おすすめだと思います。

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

サイトレイアウトを一新しました。 & カメラの価格情報 6/27時点 & EOS Kiss X8i と X9 比較

昨日一日かけてサイトのレイアウトを一新してサイトトップページから記事へのアクセスをしやすくしました。

そんな中、なんとなしにアマゾンで

以前紹介したカメラのページを確認したところ、

レンズキット(¥58100)の在庫が残り12点、ダブルズームキット(¥69700)の在庫が残り20点となっておりました。価格的には発売当初より半分近くまで下がっているのと発売日が2015年4月ということで、今が買いどきなのかもしれませんね。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 KISSX8I-1855ISSTMLK


ちなみにEOS Kiss のX9 もほぼ同じ値段(¥58678)にまで下がって来ています。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) KISSX9BK1855F4ISSTML

X8iとX9の違いとしては画像処理エンジンが X9の方が新しいDIGIC7、X8iがDIGIC6を採用していることと、X9の方が50グラムほどボディが軽くなっています。そして一番大きな違いはAF測距点がX8iの方が19点あるのに対して、X9のほうは9点になってしまうというところです。

スマホとの関係での違いはX8iがwifi でアプリを経由して通信するのに対してX9ではwifiとBluetoothの両方に対応しており、Bluetoothの方が画像を確認するまでの工程が少なくなります。

メーカーサイトで見てみましたが、DIGIC7自体はDIGIC6をそのままバージョンアップさせたとのことで、ブレ補正機能と動きのある被写体を自動で追尾する機能そしてAUTOモードでの検出機能流し撮りとコントラストの自動設定機能の向上がが紹介されていました。

というわけで使いやすさ(スマホとの連携+自動設定機能の充実)ではX8iよりもさらに入門者、初心者に使いやすくなっているのがX9だな!といった印象です。

ただAF測距点(ピントを合わせる点)が19あるX8iの方がピントを合わせるという局面においては上になってきます。

ストックフォトサイトでで審査NG原因の9割以上が『ピントのズレ』だった私としてはX8iの方が審査的にはオススメになってくると思います。

ストックフォトサイト 写真AC イベント情報

ストックフォトサイト 写真ACにて第5回写真コンテストが開催中です。

テーマは『ペットのいる生活』

でグランプリ入賞でアマゾンギフト券3万円分が当たるそうです。

応募期間は6/1から7/1までで

参加資格は
写真ACへのクリエイター会員登録
・本人確認書類の提出済
・ニックネームの入力済み
【プロパティリリース】
個人所有のペットなど第三者の著作物が写っている場合、その被写体の権利所有者に撮影する許可と写真使用の同意が必要となる場合があります。
※プロパティーリリース書類は必須ではありませんが、提出されることをおすすめします。ご自身のペットであっても、同様です。プロパティーリリースについてはこちらをご覧下さい。

 

★結果発表は7/30日だそうです。

ペットを飼われていてカメラの腕に自身のある方はチャレンジしてみるといいかも!

※詳細はクリエイター登録後の会員サイトにてご確認ください。