fotolia&写真ACの審査完了しました。

一括申請していたfotoliaと、写真ACで再審査中だった名城公園フラワープラザの写真の審査結果が出たのでお知らせします。

fotoliaの方はあれから竹島の写真も追加してトータルで180枚の写真を審査に出していました。

そして審査に通った写真は83枚ほど

これでfotoliaの販売中の作品は278枚になりました。

さらに再審査中だった写真ACの写真の審査も完了し、

全作品数は410枚になりました!

そしていま現在の写真ACの総ダウンロード数がやっと170回に到達しました。

目標はこの約10倍のダウンロード数ではありますがやっと10分の1はクリアした形になります。

審査通過枚数も先月の枚数の2倍の数になり、このペースで審査通過枚数を大幅に増やしていけば年内に1000枚越えも夢ではなくなって来たような気がします。

ただ一つ心配なのがまだまだダウンロード数が販売枚数に対して追いついていないということです。

おそらく必要とされる写真のニーズに対して審査に出す写真が追いついていけていないという点にあります。

本来なら季節を先取りして春の写真なら冬に、夏の写真なら春に審査に出していくのがベストなのですが、いかんせんストックフォトの写真は始めてからまだ一年目夏の写真は夏に撮るしかなく、秋の写真も秋に撮るしかないというのが現状です。

そいういった意味では来年の春でそれぞれの季節の写真を一通り用意できるので来年の夏以降の販売に関してはかなり楽しみなところがあります。

そのために今できることはまず、それぞれの季節の写真を一通り審査に出して販売中の状態に持っていくことだと思います。

引き続きそれぞれのストックフォトサイトには可能な限り多くの写真を販売中の状態に持っていった状態で来年度を迎えたいと思います。

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

写真ACの審査通過枚数&ダウンロード状況

今回は今現在の写真ACの審査通過枚数とそのダウンロード数について見ていきたいと思います。

以前写真ACのダウンロード数などを振り返った際は

 

このような状態でした。(9月23日時点)

総ダウンロード数は106枚

そして審査通過枚数は218枚

そしてあれからさらに写真投稿を進めていき

今現在はこんな感じです。

総ダウンロード数は151枚

そして審査通過枚数は367枚

に増えています。

だいたい3週間ほどで150枚ほど増えた状態です。

枚数が増えたのは先週なので総ダウンロード数は追加枚数に対してまだ追いついてはいないのですがトータルのダウンロード枚数としてはまだまだ足りないような気がします。

ではいま現在ダウンロード数がものの傾向を見ていきましょう。

先程のプロフィールページの写真を人気順に並べ替えてみました。

一番気になるのが風景の写真よりもモノを撮った写真が数多く上位に食い込んでいることです。

これは豊橋の臨海公園の風景写真を大量に審査に出したときから気になっていたのですが、50枚ほど審査に出して審査に通ったのがわずか10枚ほどで、他の40枚は全てすでに公開されている類似した作品があるためNGという結果だったため、もしかして風景写真はある程度の構図や被写体が出尽くしてしまっているのではないかと思います。

そのため今後は風景写真よりも身近なモノ撮り写真を増やしていった方が競合とぶつかることなくニッチな需要を満たせるのではないかと思うわけです。

一番いいのがやはりモデルリリースをもらって人物写真を撮っていくことですが、1枚たった2.8円のためにモデルさんをお願いするにはよほど親しい友人であってもネット上に自分の写真が販売されるということに抵抗感を感じる人がほとんどでしょう。

となるとやはりモノ撮り。そして、人とはちょっと違う何かが被写体となっていて、ある程度の需要が見込めるものを撮影していくのがいいかと思います。

出来れば身の回りのもの、日常的な身の回りのシーンから見落としてしまいがちな瞬間を一度洗い出して見ようと思います。

そしてモノ撮りでも自分自身をパーツモデルとして構図に組み込んでいくことで他とはちょっと違う写真ができるかもしれません。

というわけで今後はモノ撮り+αでも写真をとっていきその写真の販売動向なども見ていこうと思います。

 

ストックフォトサイト fotolia 現在のアップロード数 &ダウンロード数 &考察

今回ひさびさにまたfotoliaの方で写真が売れていたのでご報告させていただきます。

今現在写真ACと同時進行でアップロードをしていっておりますが、

今現在のアップロード数とダウンロード数はこちら

審査に通って販売している枚数はなんだかんだで写真ACとほぼ同じですが、

写真ACで審査に通した写真でまだfotoliaで審査にも出していない写真が110枚ほどストックがあるので今月中に200枚を越えてくれるのはほぼ確実な感じです。

ただ売れ行き自体は単価が高い分、写真ACより売れ行きが良いわけではなく、現在のところまだ2枚しか売れていないのが現状です。

今回売れたのはマザーボードの写真で、それもかなり自分の中で上手く撮れた写真が1枚さらに売れていました。

ちなみに現在審査が終わって販売されている写真が確認出来るのは以下の画像リンクになります。

まだ2枚しか売れていないので販売傾向は掴みきれてはいませんが、やはり自分にとってかなり手応えのある写真、『会心の一枚』が売れているような気がします。

どのみちまずは審査に通った写真を増やしていくことがまずは先決なのでとりあえずはこの調子で弾数を増やして行こうと思います。

 

写真AC 現在のアップロード数& ダウンロード数 7月8日からの変遷と考察

以前やった一週間チャレンジからほぼ一ヶ月がたち審査に通った写真の数、そしてダウンロードされた数がだいぶ増えてきたのでここで、この一ヶ月をちょっと振り返ってみます。

7月8日ぐらいから7月15日までの一週間でどれだけ写真ACの審査に通過したのかを振り返ってみます。

一週間チャレンジを始める前までは審査に通っていた写真は当初14枚でした。

ダウンロード数もわずか9回だけでしたが、一週間チャレンジを終えた段階では

ダウンロード数17回、そして審査に通過して販売されている写真の枚数は71枚という感じでした。

そしてあれから一ヶ月…。

今日時点の販売中写真枚数とダウンロード数はこちら!

ダウンロード数は15回→46回に!

そして販売中写真枚数は71枚→173枚に!

だいぶ増えてきました。

そして写真ACで売れていた写真ですが、今現在

病院食、モバイルバッテリー、レザー生地、そしてSIMカードの順にダウンロードがされているようです。

とりあえず風景写真もダウンロードされてはいるのですが、発売からまだ日が短いのか、それとも風景写真だと他のストックフォトカメラマンの撮影する写真とどうしてもテーマや構図、被写体等が似通ってしまっているのかどうかはわかりませんがまだそんなにダウンロード数は出せていない状態です。

とはいえ、まだ審査に通した写真の枚数のトータル自体が173枚しかないので今の時点ではまだ自分の撮る写真で風景写真のほうが人気があるのか、それともモノを撮影した写真のほうが人気があるのかを判断するにはまだまだ早いと思います。

今月も残り僅かですが一眼レフの撮影にもだいぶ慣れてきたので、9月に入る前までに販売中写真枚数をプラス100枚以上増やして行きたいと思います。

 

 

 

ストックフォトサイト 一週間チャレンジ その7 まとめ( 写真AC、fotolia) 

今回の一週間チャレンジでは
本格的な一眼レフカメラを使って初の撮影&投稿となりました。
その中でどういった段階を踏んでマニュアルモードを使うようになったのかをまとめてみたいと思います。

まず初日の段階では細かいカメラの設定(ISO、シャッタースピード、F値)には一切触れず、最初のうちは完全全自動モードで撮影を進めていきました。
そして2日、3日目あたりで全自動モードから、簡単撮影モードを使って撮影していきました。
ここで使った簡単撮影モードはクローズアップモードを中心に使って撮影をしていきました。
確かに簡単ではありましたが、クローズアップするものが複数だった場合ピントを合わせるのも全て自動なため、
狙ったところにピントを合わせるのが少し難儀した記憶があります。

さらにこれまでの審査NG理由を振り返ったときに写真のノイズ、ブレをもっと確実に何とかできないか
ということで
応用撮影モードをそれぞれ試していくことになります。

P:プログラムAE(自動露出)撮影、
Tv(タイムバリュー):シャッター優先AE(自動露出)撮影
Av(アパチャーバリュー):絞り優先AE(自動露出)撮影
をそれぞれ試していき

今度は審査により確実に通すためにNG理由から設定を逆算できないかと考えるようになりました。

そこで今度は

M:マニュアル撮影

に挑戦していくこととなります。これでストックフォト撮影用に特化した応用の効く設定の組み立て方・考え方をしてみようということになり、一週間チャレンジの後半ではマニュアル撮影モードで撮影をするようになりました。

まずは一番多かったNG理由『写真にノイズが入っている』

対策:ISOを100~400に抑えたままにする

次に多かったNG理由『適正な露出ではない』

対策:適正な露出(明るさ)をアプリで算定し、そこからシャッタースピード、F値、ISOを調整する(アプリが算出)

その際、ISOの値はなるべく増やさず、ブレた写真を減らせるようにシャッタースピードも可能な限り短い時間で設定していくようになりました。

今回の一週間チャレンジでかなりの発見や気付きがあったのでこの一週間チャレンジも第2弾、第3弾とやっていけたらと思います。

 

 

 

ストックフォトサイト 一週間チャレンジ その5 ( 写真AC、fotolia) fotolia 攻略に向けて ~ 考察

前回の投稿でマニュアルモードにて撮影した写真がfotoliaにて大量NGを食らってしまいました。そして審査が出る前にfotoliaに出した写真8枚についても同様に露出の問題でNGが出ていました。

一方写真ACについてはさらにさらに19枚の写真を審査に出して14枚が審査に通過、そして5枚がNG、NG理由は類似した作品がすでに公開されているということなので写真ACに関してはマニュアルモードで撮影した写真でも審査に通過できる撮影レベルになったのではないかと思います。

そして問題のfotoliaの方はすでに63枚分の審査に出してはいるのですが、審査に出した時点ではNG理由:露出の問題への対策を立てていない段階での提出なのでこの63枚についてもかなりの数のNGを食らうと思います。

さて、現時点での自分にとっての露出(明るさ)の基準・決め方ですが肉眼で見ている明るさと、デジカメの液晶画面の明るさがなるべく同じになるように、背景の色を肉眼と液晶画面(又はファインダー)で見比べながらF値やISOを調整してなるべく肉眼で見える明るさに近づけられるように露出:F値(明るさ)を決めているといった感じです。

この露出の決め方で写真ACに提出したところ露出のNGはなし、となっていますが、写真ACで審査に出したのと同じ写真をfotoliaに出すと露出NGが大量に発生しているといったのが現在の状況です。

そこで露出について調べていたところ『適正露出』というキーワードがひっかかりました。この『適正露出』という言葉が気になったのでさらに調べてみたところ、どうやらその適正露出というのは撮影する場所の明るさ(ルクス)によって数値化されていて、どうやらそれはEV値と呼ばれているらしいです。

EV値が大きいほど光量の大きい環境(ex.晴れの日の野外=EV値14)、EV値が小さいほど光量の小さい環境(ex.月が出ていない夜空=EV値-5)で数値化されており、

そしてさらにF値(Av)や、シャッタースピード(Tv)、ISOにそれぞれ割り当てられている数値があり、それを合計した数値が撮影環境におけるEV値と一致すれば適正な露出(明るさ)になるそうです。

EV値=F値+シャッタースピード+ISO

といっても扱うカメラによって設定できるF値やシャッタースピードも変わってくるわけで、それを計算(logがたくさん出てきます。)して表を作って持ち歩くってのもいいですが、今から数学の復習をするのもしんどいのでせっかくならもっと良いものはないものか・・・、と思っていたところAndroidスマホのアプリで

露出計アプリ: Light meter for photo

なるものを発見!事前にISOとシャッタースピードの値を選んでおき、インカメラで採光してF値を出してくれるアプリのようです。

この他にもいろいろなアプリがあるのでダウンロード数の多いものかつ、レビューの星が多いもの、自分に合いそうなものを探してみるといいかと思います。

このような露出計測アプリを組み合わせればマニュアルモードでの細かい設定をしつつ、NG理由:露出の問題もクリアできそうな気がします。

というわけで今手元にある撮影済みの写真を全て審査に出し終わったら、マニュアル撮影での『NG理由:露出の問題』に挑戦していきたいと思います。

 

 

いちばんやさしい新しい写真&カメラの教本 人気講師が教える良さが伝わる写真の撮り方

【参照】P63ページ~
『CHAPTER5 マニュアルモードで撮影しよう 』

にF値、シャッタースピード、ISOのわかりやすい解説がされていますのでご参照ください。

ストックフォトサイト 一週間チャレンジ その4 ( 写真AC、fotolia)

前回出した写真ACの19枚ですが、そこからさらに21枚を追加した合計40枚を審査に出しました。

今回はとりあえず出せるだけだしてみる!という感じでほぼ同じテーマで被写体を追加したりしながらの登録という感じで、写真そのものの構図的に自信は無かったのですが、これら40枚の審査結果が出ていました。

審査に通過したのは19枚!!

とかなり多くの写真が一気に審査に通過しました。

そして審査を通らなかった21枚のNG理由ですが、すべて

類似した作品がすでに公開されている

という理由でした。ほぼ同じテーマで同じ被写体で40枚だったのでこれは当然といえば当然ですね。むしろ19枚も審査に通してくれてありがとうございます!!といった感じです。

そして今回の撮影ではマニュアルモードで撮影するということをテーマにして撮影しました。この時点で一番の難関になるのがやはり

NG理由:『露出とピントのブレ』

そして次に気をつけたいのが

NG理由:『ノイズ』

になってきます。

NG理由:『ノイズ』については

☆ISOを100~400におさめることである程度はクリアできることがこれまでの審査結果や書籍でわかってきたので良いのですが、

最大の問題は NG理由:『露出とピントのブレ』

ですね、ピントのブレに関しては

☆写真の明るさを損なわないギリギリのところまでシャッタースピード早くする

これによってシャッターが切り終わるまでに手元が動いてブレることも減るだろう。ということで何とかなりそうですが、ISOを増やすと画面が暗くなり、シャッタースピードを早くするとこれまた画面が暗くなる

となると

調整できるのはF値しか残ってない!

ということでF値を可能な限り下げることで明るさのバランスをとりました。

今回はどれぐらい下げたのかというと

F値 3.5~4.0ぐらいまで下げました。

という訳で今回の設定は

シャッタースピード:1/25~1/30

ISO:100

F値:3.5~4.0

撮影時間は深夜、そして撮影場所は自室、そして照明は部屋のLEDシーリングと以前紹介した200円の照明、そして昼白色の蛍光スタンドライトです。

ただそれでも暗い場合や、F値を限界まで下げたことによるピンぼけ感が強すぎる時は、ISOを200か400に増やすことで画面を明るくし、F値を増やしてピンぼけ感を抑えるように調整しました。

では明るさの基準はどうしたか?ですがこれは次回の投稿でお伝えしようと思います。

あと今回完全マニュアルモードで挑戦したfotoliaの残りの11枚の審査結果ですが、すべてNGとなっていました。

そのNG理由のほとんどが露出(明るさ)の問題ということで露出についての対策も考えていこうと思います。

続きを読む

ストックフォトサイト 一週間チャレンジ その3 ( 写真AC、photolibrary、fotolia)

前回出した写真ACですが、14枚中12枚審査に通っていました。

今回も露出やノイズによるNGはなく、かなり順調に審査に通せている感じです。

そしてfotoliaですが、審査結果が出たのは7枚、うち2枚は審査に通過残りの5枚は審査NGでこちらの方はピントのや露出、ノイズなどによる原因でNGとなってしまっていました。このチャレンジで審査に出した写真はいずれも日中の自然光による撮影ではなく、夜間に照明の明るさだけで撮影をしているので、このチャレンジをきっかけに夜間の照明だけで撮影する技術も磨いていけたらと思います。

fotoliaの場合ですと、写真ACよりも審査が厳しいためオートモードや、絞り優先モードのような簡単設定では明るさの調整が細かくできないため、今回からはマニュアルモードで、ISOは100~200の間で固定(ノイズや画質の低下を防止するため)して、絞り値とシャッタースピードの調整だけで審査に通せるような適正な露出を探りながらの撮影になりました。

これなら嫌でもマニュアルモードを使いこなせるようになること請け合いです。

マニュアルモードの設定に失敗=審査NGとなるのでfotoliaでかなりのレベルアップができるのではないかと思っています。

と、まぁ現在の結果待ちはfotoliaの11枚ということですが、

今回さらにさらに写真ACに19枚、fotoliaに10枚審査に出しておきました。

今回の写真ACに出した方の写真は構図や配置、背景ともに写真映えするのにはちょっと弱い感じがあるので審査に通ったとしても、たくさんダウンロードされる要素があるのかどうかについては少し自信がないという感があります。

とりあえずこのチャレンジで引き続き出来る限りの写真を審査に通せたらと思います。