単焦点レンズ 導入しました!

これまで標準レンズをずっと使ってきましたがそろそろ次のレベルへ進みたいと思っていた最中、『単焦点レンズ』というものを知り気になっていろいろ見ているうちに

canon のEF50mm f/1.8Ⅱ なる単焦点レンズを見つけました。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

ではどうしてこれが気になったのかというと

よりF値の低い、明るいレンズを使いたかったというの(F値をいじってキラキラした写真を撮ってみたい!)と、単焦点レンズはピント合わせが標準レンズよりもシビアなため、被写体を撮影するときにはズームリングを動かしてもたいしてズームできず撮影するカメラマンのほうが移動して構図や被写体との距離感を作り出す必要があるためスキルアップをするにはもってこいのレンズと言われていること。(レベルアップしたい!)というのが動機です。

とくにポートレート撮影ではピントのシビアなところからよりボケ感を演出しやすくなり被写体を際立たせる写真が撮れるという触れ込みもあるようです。

ちなみにこのレンズはフルサイズにも対応しているため、いずれフルサイズ機を購入した時にも大いに役立つというのと(なんだか長く使えそう

なんだかんだで1万円以下で手に入る!というのが一番大きな決め手になりました。

というわけでこのレンズに決めました。

実際に撮影した写真はこちら【F値4.0】

このレンズが入っていた元箱とこれまで使っていた標準レンズを撮影してみました。

ちなみに同じ構図でF値を一番低く(明るく)して標準レンズで撮影する【F値5.6】

こんな感じです。上の写真よりも暗くなってしまっています。

ちなみにこの単焦点レンズはF値を1.8まで下げて明るくできますので光量が少なくなってきてもある程度はカバーできるのがうれしいところです。

ただ一つ弱点を挙げるとしたら、このレンズの焦点(ピント)距離が50mmとありますがセンサーサイズがAPS-CのX8iでは50mm×1.6=80mmが実際の焦点距離となってしまうため、標準レンズより画角(移る範囲)が狭くなってしまう点と標準レンズよりも被写体から距離を取らないとピントが合わず、逆に距離を取りすぎるとピントがズレてしまうという弱点があります。

ピントに関しては単焦点レンズの強みを弱点に言い換えただけなので問題はないのですが、画角が狭くなってしまうのは構図を考えるときにはなかなか考えモノです。ただそれらを踏まえたうえでこのレンズが使いこなせるようになると撮影スキルに関しても大きな自信につながってくると思うのでこのレンズでいろいろと撮影してレベルアップをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です