ストックフォトサイト fotolia 審査完了&さらにもう一枚売れました!

今回fotoliaの方に名城公園フラワープラザの写真を150枚ほどアップロードして審査に出していましたが審査結果が出ましたのでお知らせします。

審査に通ったのが47枚、現在審査中の写真が29枚

そして審査に落ちたのが70枚ほど…

今回は残念ながら半分以上の写真が審査に落ちてしまいました。

そして今回もほとんどの原因が

ピントのブレ

そして次に多かったのが

アーチファクトの問題

◎過度のアーチファクト/ノイズは、低光量、カメラの設定ミス、強力な圧縮または後処理が原因で発生する可能性があります。

とのことでした。

fotoliaに関しては写真ACよりも審査が厳しいのですが

やはりピントのブレ、アーチファクトの問題というのは毎度頭を悩ますものとなっています。

これまではただ単純に絞り優先モードにまるっとお任せでしたが

これからは焦点距離やオートフォーカスのモードについていろいろと勉強していく必要性がありそうです。

まずはこの問題をクリアしなければfotoliaの採用率も4割止まりになってしまい無駄にシャッターを切ることが多くなってしまうのでいろいろと自分なりに調べてみて実践していこうと思います。

そしてまたまたfotoliaにて写真が売れていました。

売れていた写真はこちら

掲載画像もとのキャプチャーをすこし切り抜いてあります。

 

展望台から海と街を見下ろしながら空も写っている写真です。

この写真の登録タグは13個ぐらいでしたので登録タグを増やした写真についてはまだこのサイトでは売れていないようです。

本日写真ACのほうでもう90枚ほど写真を追加したのでこちらの審査結果が出たらまたお知らせしたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

ストックフォトサイト 写真AC 、fotllia 、photolibrary それぞれの他社ストックフォトへの掲載についての比較 独占販売?or一般販売?

ストックフォトサイト 写真AC 、fotllia 、photolibrary それぞれの他社ストックフォトサイトへの掲載についてそれぞれどんな感じになっているのかみていきたいと思います。

まずは

写真ACですが

こちらの場合、審査に出した写真を他社ストックフォトサイトやホームページにも掲載される可能性があるときは

写真を審査に出す際に

説明欄の下の欄に

『著作者確認および特記事項』

という項目があるので

こちらの項目に入力していく形となります。

そして注書きのところには

『※他社ストックフォト、ご自身のブログやSNS等、この作品を既に公開しているサイトがあればURLを記入してください。同じ著作者の作品と判断させていただきます。
また、権利等に関して、あらかじめ審査員にお知らせしておきたいことがありましたら、こちらにお書きください。(例:被写体のお皿は自作のものです。)
尚この情報はサイト上では公開されません。』

この様な記載があるので、他社ストックフォトサイトにも投稿する予定があればこちらの欄に他社ストックフォトサイトの自分の作品のポートフォリオ一覧ページなど投稿予定作品が確認できるのURLを入れておくといいと思います。

そして次は

photolibraryを観ていきましょう

 

photolibraryの方ではまず、

マイページのところに

画像を販売するというメニューがあるのでこの中の一番下

プロフィールを選びます。

そして

販売の設定のところに

画像販売方式という項目があるのでこの中を設定していきます。

  
 

・個人サイトでの利用、blog等は含みません。 画像一枚単位での判別ではありません。
・初月は一律販売手数料が40%(60%をお支払い)です。翌月より料率が独占、一般、売り上げにより変動します。
・販売手数料は、拡張ライセンスも同様に適用されます。
他登録サイトURL □

 

内容はこのようになっているので一般の方にチェックを入れておき、そして更に他社登録サイトURLの欄には他社ストックフォトサイト内にある自分の作品のポートフォリオ一覧ページのURLを貼っておくといいでしょう。

さぁここではじめて一般販売独占販売の欄が出てきました。

ここで独占販売のところにチェックを入れてしまうと他社ストックフォトサイトに出したphtolibrary内にある写真のうち一枚でも審査に通る&ダウンロードされてしまったときにストックフォトサイト同士で著作権がらみのトラブルのもととなってしまいます。

photolibraryしかやらない場合はともかく他のストックフォトサイトにも出しておきたいという場合は一般販売の方にチェックを入れて他社登録サイトURLの欄の入力も忘れずにしておくといいでしょう。

では最後に

fotoliaをみていきましょう!

こちらのサイトの場合は

写真の投稿時に写真情報の設定画面から設定出来るようになっています。

写真下にある独占販売の項目がいいえになっているかどうかで独占販売か一般販売かを選べるようになっており、

この写真はfotoliaだけで売りたいという場合はこの独占販売の項目をクリックすれば『独占販売  はい』となりfotoliaでの独占販売が出来るようになっています。

fotoliaについては独占販売、一般販売に関するページがあるので

画像リンク先のページで確認することができます。

とりあず、画像リンクの文章を載せておきます。

独占販売オプション
Fotoliaでは、独占販売のレベルを選択でき、選択したレベルによってロイヤリティのレートが決まります。

完全独占販売(専属) : 一番高いレベルの独占販売、Fotoliaが自分のロイヤリティフリー作品を販売する唯一のウェブサイト、またはフォトエージェンシーであることを意味します。
 
一部独占販売 : 中レベルの独占販売権、作品ごとに指定します。作者のポートフォリオには、独占販売(他のウェブサイトやエージェンシーでは提供していない)の作品と非独占販売(他のウェブサイトやエージェンシーで提供している)の作品の両方が含まれます。

非独占販売: 一番低いレベルの独占販売、Fotoliaやその他のストックフォトサイトで作品の販売ができます。
 

とりあえずストックフォトを始めるにあたってはそれぞれ一般販売にしておき、ある程度自身がついたらfotoliaで独占販売の写真を何枚か売ってみるというのも手かもしれませんね。

 

ストックフォトサイト fotolia 登録タグ倍増計画 しかし…

昨日の投稿から一晩たって、写真ACの写真がさらに3ダウンロードされて245ダウンロードになっていました。

というわけで次はfotoliaの方の登録タグも増やしてみよう…ということで

マイページのクリエイターエリアから

すべてのアップロード作品のページをみたところ

登録タグの編集ができそうなところが!?

一番右のアクションのところに索引情報の設定というのがありました。

そこを開くと

一番右のタグリストのところから編集できるのではないか?

ということでカーソルを合わせたり

タグウィンドウの近くのボタンをいろいろ押したりしてみましたが

登録タグの順番は変えれてもタグの追加や削除ができない!!

 

できるのは審査に通った写真の削除ぐらいでした・・・。

どうやらfotoliaでは一度審査に出すと登録タグの追加や編集はできないようです。

というわけで写真そのものの削除か、登録タグが少ないままにしておくかどちらかしか選べないことがわかりました。

今現在、fotoliaの販売中写真(審査通過済み)は281枚とまだ少ない状態で、

写真ACの方で販売している名城公園フラワープラザの写真150枚ほどはfotoliaではまだ審査に出しておらず、登録枚数も写真ACの半分前後ぐらいなので今回fotoliaの登録タグはそのままにしておくことにしました。

ストックフォトサイトによっては一度審査に出すと登録タグの編集ができないところもあるので、写真を審査に出す際にはお気をつけください。

ちなみに写真ACでやったプロフィールの充実が出来るかどうかですが、そもそも一般公開用のクリエイターのプロフィールページが無いため

『マイアカウント』→『自分のポートフォリオを見る』

で表示される作品群がそのままプロフィール変わりになっているようです。

しかも『自分のポートフォリオページ』の写真の中からタグ検索がしっかり出来るようなのでわざわざカテゴリごとのリンクを作る必要もなさそうです。

結果としてfotoliaに関しては登録タグ倍増計画はそもそもできず、今現在出来ることは

ちゃんと登録タグをたくさん登録して、写真をたくさん投稿する。

ということとなりました。

結局それか…。

という感じではありましたが今後はfotoliaの登録タグもちゃんと力をいれて行かなければという、『明日から本気出す!』的な結果となりました。

 

ストックフォトサイト fotolia にて久々に写真が売れました。

今現在登録しているストックフォトサイトのうちの一つfotoliaにて久々に写真が売れていました。

今回売れた写真はこちら

以前豊橋で撮影した臨海公園の岩場から川を撮影した写真です。

fotoliaの方はまだ写真ACほどの売上はないものの一枚の単価が高いのでこちらのサイトの方でも力を入れていきたいところですね。

ちなみにfotoliaの方の審査通過済枚数は

281枚とまだまだ少ない状態ですので、写真ACに合わせてどんどん増やして行きたいところです。

こちらのサイトの方に審査に出す予定の写真もかなりのストックがあるので年内には1000枚を超えられるようにしていこうと思います。

そしてfotoliaの方も登録タグ倍増計画&プロフィールの充実を図っていき効果があらわれたらまたこちらのブログにてご報告していきますのでご期待ください。

 

fotolia&写真ACの審査完了しました。

一括申請していたfotoliaと、写真ACで再審査中だった名城公園フラワープラザの写真の審査結果が出たのでお知らせします。

fotoliaの方はあれから竹島の写真も追加してトータルで180枚の写真を審査に出していました。

そして審査に通った写真は83枚ほど

これでfotoliaの販売中の作品は278枚になりました。

さらに再審査中だった写真ACの写真の審査も完了し、

全作品数は410枚になりました!

そしていま現在の写真ACの総ダウンロード数がやっと170回に到達しました。

目標はこの約10倍のダウンロード数ではありますがやっと10分の1はクリアした形になります。

審査通過枚数も先月の枚数の2倍の数になり、このペースで審査通過枚数を大幅に増やしていけば年内に1000枚越えも夢ではなくなって来たような気がします。

ただ一つ心配なのがまだまだダウンロード数が販売枚数に対して追いついていないということです。

おそらく必要とされる写真のニーズに対して審査に出す写真が追いついていけていないという点にあります。

本来なら季節を先取りして春の写真なら冬に、夏の写真なら春に審査に出していくのがベストなのですが、いかんせんストックフォトの写真は始めてからまだ一年目夏の写真は夏に撮るしかなく、秋の写真も秋に撮るしかないというのが現状です。

そいういった意味では来年の春でそれぞれの季節の写真を一通り用意できるので来年の夏以降の販売に関してはかなり楽しみなところがあります。

そのために今できることはまず、それぞれの季節の写真を一通り審査に出して販売中の状態に持っていくことだと思います。

引き続きそれぞれのストックフォトサイトには可能な限り多くの写真を販売中の状態に持っていった状態で来年度を迎えたいと思います。

fotolia へ一括審査申請!

今回はストックフォトサイトfotoliaへこれまで撮った写真の一部108枚の写真を一括して審査に提出しました。

最近は写真ACへの審査中心でしたが大分写真のストックが溜まってきたのでこのあたりでfotoliaの方へも写真を投稿しておこうということで、 野方三ツ池公園と豊橋の臨海公園の写真あわせて108枚の写真を審査に出してみました。

fotoliaの審査時間は比較的に短い印象なのでまた結果がでたらお知らせしようと思います。

とりあえずまだfotoliaの方に審査に出していない写真がまだ248枚ほど残っているのでこちらの方もまとめて審査に出していく予定です。

今月中にはfotoliaの方にトータルで356枚の写真を審査に出す予定なのでこちらの方も進めていこうと思います。

 

ストックフォトサイト 写真AC & fotoliaついに!

風邪を引いてしまいなかなか投稿できませんでしたが、写真ACの実績をチェックしてみたところなんと

総ダウンロード数100を突破しておりました!

 

そしてさらにさらにfotoliaの方でもさらに

もう1枚写真の売上がありました。

これで写真ACの目標ダウンロード数までは

あと

1679ダウンロード

ということになります。

そして本日までに写真撮影の方には2回ほど出向いており、3ケタ単位の写真が審査未提出の状態でストックされているので、今週中には現在の写真ACの全作品数218点の2倍以上にできると思います。

そしてfotoliaの方にも同数の写真ストックがあるのでこちらも販売中写真の総数を2倍にできると思います。

写真ACの方のダウンロード数の割合ですが、だいたい審査通過から1週間ほどで審査通過枚数の半分程度まで増えていってくれているので、引き続き審査に出す写真の枚数を増やして行こうと思います。

 

 

野外撮影に挑戦! 二ツ池公園

今回も野外撮影に行ってきました。

撮影日は雨が降っていましたが、撮影前に晴れ間がさして来たため撮影をして来ました。

場所は

大府市の二ツ池公園です。

池が2つあり、一つは池の真ん中に噴水のある大きな池、

そしてもう一つは小川が流れ込む池のある公園です。

カメラの設定はF値はだいたい10~13前後にして、ISOは上限なしのオートにした上で絞り優先モードにて撮影してきました。

いかんせん当日は雨上がりの直後ということもあって日光が強くなったり弱くなったりと、光の強さが刻々と移り変わるのでマニュアル撮影はそうそうに諦めて応用撮影モードの絞り優先モードだけで撮影してきました。

小川の流れ込む池は浮石の近くに蓮の葉が浮いており、雨上がりのやわらかい日光のおかげでいい写真が撮れたように思えます。

今回撮れた写真は早速写真ACと、fotoliaに審査に出してみようと思います。