今使っている単焦点レンズで気になってきたこと

以前購入した単焦点レンズCanon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応ですが、ちょっと狭い室内や被写体が風景、建造物などの大きなものになると画角に収めるまでの距離が必要となってしまいます。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応の場合、APS-CのEOS KissX8iで使う場合

フルサイズでは被写体から50mmで全く問題ないのですが、

APS-Cですとフルサイズレンズ×1.6からが焦点を合わせられる距離となるので

50 ㎜× 1.6=80㎜となり

明るくできるという点では非常にありがたいのですが、被写体から距離を取れない状態&状況で撮影するときには『画角が狭すぎて収まりきらない』という不自由さを感じていました。そして収まりきらない写真は撮影自体をあきらめていました。

ある程度被写体に接近して撮影できるレンズで画角の広いもの、なおかつ明るいレンズ(F値を標準レンズ【4.6~5.0】より低く設定できるレンズ)を探していたところ、

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応


Canon EF-S 24mm f/2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

が候補として上がりました。

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応の方はレンズも薄くて軽く、今現在持っている単焦点レンズ EF50mm f/1.8Ⅱ よりも明るさは暗くなりますが、40mm×1.6 =64mmなので

少し焦点距離が短くなるという点がすごく惹かれて候補にしました。

そしてもう一方の

Canon EF-S 24mm f/2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STMの方は現在持っている単焦点レンズ EF50mm f/1.8Ⅱ よりも明るさは暗くなるのは当然ですが、

24mm×1.6=38.4mmということで

より焦点距離を短くできる点と、画角についてのレビューも多く記載されておりも画角の面で今の状況を改善できそうな感じだったのでこちらも候補にしました。

そして2、3日かけていろいろと悩みましたが、今現在使っているEOS KissX8iはAPS-Cの一眼ということと、そして今の時点で最も重要なのが

1、普段のスナップ撮影のようなすぐにカメラを取り出して、パパっと撮影できるスナップ撮影用のレンズが必要ということ、

そして

2、EOS KissX8iで撮影できるものや風景の画角的・距離的範囲を増やしておきたいということ

の2点から
Canon EF-S 24mm f/2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

を導入することにしました。

次回は実際にこのレンズと Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応とを使った感じを比較して投稿したいと思います。

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

写真AC 現在のアップロード数& ダウンロード数 7月8日からの変遷と考察

以前やった一週間チャレンジからほぼ一ヶ月がたち審査に通った写真の数、そしてダウンロードされた数がだいぶ増えてきたのでここで、この一ヶ月をちょっと振り返ってみます。

7月8日ぐらいから7月15日までの一週間でどれだけ写真ACの審査に通過したのかを振り返ってみます。

一週間チャレンジを始める前までは審査に通っていた写真は当初14枚でした。

ダウンロード数もわずか9回だけでしたが、一週間チャレンジを終えた段階では

ダウンロード数17回、そして審査に通過して販売されている写真の枚数は71枚という感じでした。

そしてあれから一ヶ月…。

今日時点の販売中写真枚数とダウンロード数はこちら!

ダウンロード数は15回→46回に!

そして販売中写真枚数は71枚→173枚に!

だいぶ増えてきました。

そして写真ACで売れていた写真ですが、今現在

病院食、モバイルバッテリー、レザー生地、そしてSIMカードの順にダウンロードがされているようです。

とりあえず風景写真もダウンロードされてはいるのですが、発売からまだ日が短いのか、それとも風景写真だと他のストックフォトカメラマンの撮影する写真とどうしてもテーマや構図、被写体等が似通ってしまっているのかどうかはわかりませんがまだそんなにダウンロード数は出せていない状態です。

とはいえ、まだ審査に通した写真の枚数のトータル自体が173枚しかないので今の時点ではまだ自分の撮る写真で風景写真のほうが人気があるのか、それともモノを撮影した写真のほうが人気があるのかを判断するにはまだまだ早いと思います。

今月も残り僅かですが一眼レフの撮影にもだいぶ慣れてきたので、9月に入る前までに販売中写真枚数をプラス100枚以上増やして行きたいと思います。

 

 

 

夜の繁華街の撮影に挑戦!

今回は先週の週末にあった繁華街でのお祭りの撮影に行ってきました。

プロパティリリースが必要な可能性が高いため未投稿

といっても祭りらしい写真が撮れたわけではなく、大通りが歩行者天国になっていたため、大通りのど真ん中から繁華街の町並みや、ランドマークを撮影していきました。

祭りに直結する写真も撮りたかったのですが、モデルリリースの問題が発生してしまうため今回は普段撮影できないポイントから町並みを撮影といった形を取りました。

さらにさらに今回はピントをあえてずらすことで『玉ボケ』の写真にチャレンジしつつ、たとえ人らしきものが写っていてもボケの効果でイメージ写真のようなぼかした写真が出来上がる!という作戦です。

これなら人物やお店がはっきりと写り込まないため、プロパティリリースやモデルリリースの問題もクリアできるのではないか?と思ったわけです。

そして今回の設定ですが、夜の繁華街ということでISOは上限なしの『ISOオート』に設定し、絞り優先モードにしての撮影となりました。

使ったレンズは以前紹介した

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

になります。

そして実際にいろいろと撮影してみて

『玉ボケ』写真をとるためには、まずF値を最小にして

次にオートフォーカスからマニュアルフォーカスに切り替え

最後にレンズ先端のフォーカスリングをお好みのピント位置で調整して撮影(レンズ操作)

していくと、うまい具合に玉ボケの写真が撮れておりました。

 

日曜日の帰宅後に写真ACに審査に出し、本日無事審査に通過していたのを確認しました。

今回審査に出した町並みの写真枚数は4枚でいずれも審査NGになることなく通過してくれたので一安心といったところでしょうか。

さらに以前審査に出した夜のお祭りの写真も通過していたことが確認できました。前に審査に出したお祭りの写真は審査に2週間以上かかっていたため、もしかしてプロパティリリースがないからNGになるかも・・・とずっと気がかりではありましたが、特に問題もなく販売状態までいけたので、これで夜間の撮影も審査に通る写真を撮影できるようになったんだな!!

とまた一つ大きな自信に繋がりました。

今回審査に通った作品はすでに写真ACで販売されているのでどんな玉ボケ写真が撮れたかは以下の画像リンク先の写真ACプロフィールページで御覧ください。

というわけで今回のまとめ

【『玉ボケ』写真のポイント】

①F値を最小にして(本体操作)

②オートフォーカスからマニュアルフォーカスに切り替え(レンズ操作)

③レンズ先端のフォーカスリングをお好みのピント位置で調整して撮影(レンズ操作)

野外での撮影 噴水のある公園+河川&野鳥 審査結果 写真AC

今回は以前審査に出していた写真ACの審査結果が出たのでお知らせしたいと思います。

今回審査に通ったのは14枚。NGだったのが59枚

残念ながら今回投稿した写真の半数以上は審査NGで弾かれてしまいました。

NG理由のほとんどはこちら

『現在、この作品は「ボケ/ブレ/露出/ピント/色調/トリミング/背景の処理など、ストックフォトの水準に満たない」のため、非公開となっております。』

というのが今回のNG理由でした。

考えられる原因としてはF値が適正ではなかった可能性と、野鳥に関しては被写体までの距離がありすぎて写真に対して小さく写っていたという可能性が考えられます。

そしてもう一つは噴水のある公園での写真ですがこちらは夕方での撮影でなおかつ逆光のものがありましたが、逆光になっている写真は軒並みNGがでした。

特に残念だったのが噴水のある公園の浮き橋の写真です。

水面の反射などでいい感じに撮影できたと思いましたが残念ながらこちらもNGでした。

そしてこれまで審査期間はだいたい1日2日で結果が出ていましたが、今回は10日~14日ほど結果が出るのに時間がかかっていました。

予想になりますが、写真の明るさ、逆光、ピンぼけ演出が入る写真(特に風景写真)、またはプロパティリリースが関わる可能性のある写真で承諾書がない場合は審査に1週間以上時間がかかるのではないのでしょうか?

このあたりはまたいろいろな写真を審査に出してみてお知らせしていこうと思います。

とりあえず、これで審査通過した写真はトータルで128枚、現在審査中の祭りの写真が12枚ほどある状態です。

そしてダウンロード数は35回!

現在目標までのダウンロード数は

あと

1751枚!

という形になりました。

まだまだ販売中の写真枚数が目標まで足りていない状態なので引き続きバンバン審査に出していこうと思います。

 

撮影のお仕事をいただきました!

ポートレート写真撮影のお仕事を頂き、先週の土曜日にロケ撮影に行ってきました!

 

今回はプロフィール用の写真ということで全身の写真1枚と、胸から上の写真を1枚を撮影してほしいとのことでしたので待ち合わせ時間より1時間半前ぐらいにロケ地に前乗りして事前に周辺で写真撮影ができそうな場所をチェック&ロケ地の試し撮りをして準備をしました。

当日は天気にも恵まれ、絶好の撮影日和でした。

撮影時間はだいたい午前11時~12時の1時間ほどでしたが、やはり真夏ということなのでかなりの暑さではありましたが、60枚ほど撮影。撮影した写真はキャノンのカメラコネクトというアプリでご依頼人に撮影データをお渡しするといった流れで撮影させていただきました。

今回は『親しみやすさ』をテーマにしての撮影でしたが、せっかくなので『安心感・信頼感』も出したかったので当日は手持ちのレンズを全種類持っていき、できるなら背景をぼかした写真も撮りたいと思いました。

というわけで当日使用したレンズは

ダブルズームキットについていた標準レンズ+望遠レンズ。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 KISSX8I-1855ISSTMLK

そして中古で購入した

キャノンの単焦点レンズ

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

の合計3本のレンズを用意して撮影していきました。

そして撮影の方は3種類のレンズをそれぞれ使って撮影していきましたが、

単焦点レンズで撮影した写真が一番理想のイメージに近かったので撮影後半では単焦点レンズでいろいろなアングルから撮影させていただき、2,3枚撮影するごとにご依頼人の方に写真を確認してもらいながら写真のイメージをすり合わせていきました。

そして12時過ぎに無事撮影終了!!

ご依頼人の方にもご満足頂き、次回もまた撮影させていただくこととなりました。

今回のお仕事でポートレート撮影技術も向上できたので次回の撮影までにさらなるレベルアップをして撮影に望みたいと思います!

 

野外での撮影に挑戦! 夜の夏祭り

今回は前回に引き続き更に明るさの設定が難しい夜の夏祭りの撮影に挑戦してきたとき(先週開催)のレポートです!

今回も応用撮影モード(絞り優先+シャッタースピード優先)でISOは上限400の設定を外し、上限なしのISOオートに設定!ISO400上限ではF値をどんなに低くしようとも暗くなりすぎてしまう&奥行きのある風景写真なのでF値はなるべく9以上で撮影したい!!ということで今回はストックフォトには審査には出してみますが夜の撮影のための練習がメインといった感じです。

使ったレンズですが今回も風景撮影でおなじみの望遠レンズ+標準レンズを使っての撮影となりました。

最初のうちは

こんな感じの少し寂しい感じの写真になりましたが、ホワイトバランスを『曇り』に変更して改めて撮影!

画面がだいぶ明るくなりました!

この撮影ではついでに『ボケ感を出す』というのも狙ってF値を一番小さい値にしてみましたがどうもうまくいきませんでした。

というわけでボケ感についてはそうそうに諦めていろいろと撮影!

あまりお祭りを連想させるものが会場に無かったので枚数はあまり撮れませんでしたが最終的にはこんなのが撮れました!

今回も写真AC、fotoliaに審査に出してみますが(今回は12枚のみ)初めての夜の風景写真初めてのISO400以上の値での撮影ということで

果たして何枚通るのか?!結果が非常に気になるところです!

野外での撮影に挑戦 河川&野鳥

今回も野外での撮影に挑戦してきました!

今回は川!!

ということで、レンズは標準レンズと望遠レンズの両方を用意して撮影してきました。

もちろん今回も使ったのはこちら!

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i ダブルズームキット

EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX8I-WKIT

これまでの撮影で一番大きく違ったのは野鳥も川にいたためそちらの方も撮影してみました。となると動きの多い被写体になってくるので野鳥が写真に入る場合シャッター優先モードを中心にして、奥行きのある風景の写真の場合には絞り優先モードに切り替えて遠くの景色までピントが合うようにしながらの撮影となりました。

というわけでまずは標準レンズを使っていきました。

撮影時間は14時頃から夕方までだったため、日が高く光量のある時間で風景撮影をする時のF値は11~16ぐらい、ISOは400を上限に設定しておいたうえで、ISOオートに。

シャッタースピードはだいたい1/30前後にしてなるべくF値を大きな値に出来るようにF値から設定を決めた上で撮影していくといった感じです。

最初は標準レンズを使い風景を中心に撮っていましたが、

やはりちょっと遠い気がするのと自然のダイナミックさがちょっと足りないような気がします。

そこで望遠レンズの登場です!

これで野鳥との距離を詰めたり、ズームすることで構図の幅も広がりました。

これでもまだ被写体にブレがあるので

今度はシャッタースピードを何とかしなければ!

ということですが、いろいろ試した結果

1/500ぐらいから野鳥の羽ばたきがくっきり撮れるようになってきました。

というわけで今回の撮影分も写真AC、フォトリアにそれぞれ審査に出してみようと思います。

【今回の教訓!】

河川や風景の撮影には望遠レンズ必須!

野鳥の撮影時のシャッタースピードは1/500から

 

野外での撮影に挑戦 別の 緑地公園

今回は前回撮影した緑地公園公園とは別の緑地公園に撮影してきました。

もちろん虫除けスプレー+印刷しておいた緑地公園の地図も持参です。

今回の撮影地は緑地公園の竹林、そして芝生の広場を中心に撮影し、

総撮影枚数は73枚!

いずれもズームアップしてピンぼけが疑わしいもの、露出が不自然になってしまったもの、念の為何枚か同じものを撮っていたので完全に同じものを除外して合計40枚 写真ACの審査に出しました。

撮影時間は大体15時ごろ~18時前までの時間帯で撮影当日の

天気は時々晴れ間は差し込みますが基本的にはくもり、そして夕方17時半すぎから雨がぱらついてきたのと、雲の影響で光量が明らかに減ってしまったので今回は緑地公園の水場(池)の撮影はできませんでした。

設定はISOが400上限のオートISOシャッタースピードはだいたい1/30~1/15の間、そしてF値ですが今回は日差しが差し込んで明るさが出たときは最大で12ぐらい、そして暗くなってきた時はF値を4.5ぐらいまで調整して撮影していきました。簡単撮影モードでもだいたいそのあたりの範囲内でシャッターがきられていたと思います。

そして今回はあまり時間もなかったので簡単撮影モード(風景)を中心にたまに応用撮影モードを使うといった形のの撮影となりました。

今回は雲や晴れ間が刻々と移り変わるので、写った写真の露出がちゃんと適正になっているのかどうか?という不安はありますがそこは簡単撮影モードと、応用撮影モードを信じて審査に出してみようと思います。

審査結果が出ましたらまたこちらでお知らせしたいと思います。

 

※ギャラリーページにストックフォト未投稿のリサイズ写真を追加しました。