ストックフォトサイト 一週間チャレンジ その2 ( 写真AC、photolibrary、fotolia)

今回は一週間チャレンジのその2です。

今回審査に出したのは、

写真AC14枚、

フォトライブラリー10枚、

そしてfotolia18枚です。

 

そして前回審査に出した写真ACの10枚ですが、早速審査の結果が出ていました。今回審査に通った枚数は7枚!驚くべきことに審査NG理由が3枚とも『類似した作品がすでに登録されている』という内容でした。

カメラを変えて一番手応えを感じたのが、これまで審査に出してNGになる率が50%前後で、なおかつNG理由の9割が『ボケ、ブレ、露出が適正ではない』または『写真が不鮮明・ノイズ』だったのに対し今回はそれがゼロ!

これはかなり嬉しいですね!

なんだか写真撮影のスキルを認めてもらえたような気がします。

ちなみに前回審査に出したのは一つの被写体でアングルや構図、背景をいろいろ変えての10枚だったので被写体1つで7枚審査に通ったことになります。被写体そのものは同じなため、当然似通った写真も増えてしまうわけで、同じ題材の写真でこれだけ審査に通ったというのはかなりイイ方だと思います。

というのも毎回写真を撮影する際に、事前にどんな被写体にするのか?というのを毎回考えなければならないので、もし当初の3,600枚の写真を審査に通すとなるとそれだけたくさんの被写体を用意しなければならない!

これはめちゃめちゃ大変です。ただ同じ被写体が6,7回使えるとなると用意する被写体は6分の1、7分の1の5、600程度で済むわけです。

となると500~600のテーマを構図、アングル、背景を変えていけば、3600枚に到達できるので毎日20ずつテーマを思いついていけば大体一ヶ月でアイデアが出揃ってあとは写真を撮るだけの状態にできます。

この一週間チャレンジで大変なのは被写体のアイデアをいかにたくさん用意できるか?にかかってくるのではないかと思います。

そして審査に通った写真が早速一枚ダウンロードされていたのと、

すでに審査に通っていたこれまでの写真がまた売れていたので

写真ACの

目標1786ダウンロードまで
あと
1773ダウンロード!!

になります。

 

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

ストックフォト 撮影 スキルアップ への道 その13& ストックフォトサイト photolibrary その4

ストックフォトサイトphotolibraryにて初の売上が出ていました!

写真素材フォトライブラリー

小さな一歩ではありますがストックフォトで写真を売る者として大きな一歩だと思います。

売れた写真はこちら

なんの変哲もない用水路の写真ではありますが売れてくれました。

photolibraryはまだ販売写真がわずか6枚なのでまずはこの100倍の600枚が常時販売されていくのを目標にして写真を登録していこうと思います。

販売価格は売れたSサイズが108円でその50%の54円が入る模様です。

 

EOSで撮った写真に関してはもっと価格を上げて販売して行く予定です。

他のストックフォトサイトでも写真が売れたらまたご報告していきたいと思います。

 

CANON EOS Kiss X8i 説明書を動画で解説

 

説明書を読むのがしんどいという方に向けて

以前作ったクイックガイドを5分35秒にまとめた動画


の続編を作ってみました。


こちらの基本説明書では

1章と2章に該当する部分がクイックガイドとして説明書と一緒に入っていますが、動画化したのは続きの3章と4章になります。

5章「撮影目的にあわせた応用撮影」

の内容は

応用撮影モードの紹介

P:プログラムAE(自動露出)撮影

被写体の明るさに応じてシャッタースピードと絞り値を自動で設定

Tv(タイムバリュー):シャッター優先AE(自動露出)撮影

動きの速い被写体が止まっているような写真、ブレ・流れを表現しているような写真を撮るための設定

◎自分で設定したシャッタースピードを元に自動で絞り値などを設定して適正な明るさにしてくれます。

Av(アパチャーバリュー):絞り優先AE(自動露出)撮影

ピントの合う範囲を変えて背景をぼかしたり、手前から遠くまでのピントを合わせた写真を撮るための設定

◎自分で設定した絞り値を元に自動でシャッタースピードなどを設定して適正な明るさにしてくれます。

M:マニュアル撮影

明るさ(露出)を自分で決めて撮る設定

6章は『液晶モニターを見ながら撮影する(ライブビュー撮影)』

とありますが主だった内容は

①タッチシャッター(液晶モニターをタッチするとシャッター)で撮影できます。というのと、

②液晶モニター操作で撮影する写真にフィルター効果(モノクロ、トイカメラ風、魚眼風等)を付けられます。そして

③液晶モニターからAF方式を変更できます。

a,人の顔を検知し顔が動くと追尾する方式(顔+追尾優先AF)

b,広いエリアでピントが合わせられる方式(ライブ多点AF)

c,狙った被写体にだけピントを合わせる方式(ライブ1点AF)

の3つです。

7章は『動画を撮影する』

とありますが、動画の明るさを自動にするか、自分で設定するか選べます。といった内容です。

8章は『知っていると便利な機能』

ですがチャプターのタイトルだけで大体内容はおわかりだと思いますが撮影には直接関係してこない内容です。

◎電子音が鳴らないようにする

◎撮影直後の画像表示時間の設定

◎電源が切れるまでの時間設定

◎液晶モニターの消灯・点灯の設定

◎カメラの機能設定を初期化する

9、10,11章のタイトルも大体タイトルだけで内容がわかります。

9章 画像の再生

10章 資料

11章 パソコンに画像を取り込む

といった内容です。

動画2本と、このページでEOS Kiss X8i の説明書を一通り読んだことになりましたのでぜひ参考にしてください。

説明書の巻末にWifi/NFC機能の説明がありますがこの部分はまたの機会に紹介していこうと思います。

CANON EOS Kiss X8i の動画を作成してみました。

 

CANON EOS Kiss X8i の開封&付属品チェック動画をYOUTUBEにアップしてみました。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i ダブルズームキット

EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX8I-WKIT

そして説明書を確認するのが面倒な人向けにクイックガイドを5分35秒にまとめた動画も作ってみました。

ストックフォト 撮影 スキルアップ への道 その11& ストックフォトサイト 写真AC その4

今回はストックフォトサイト 写真ACに投稿した結果が出たのでご報告いたします。

33枚投稿して審査に通過したのはなんと16枚!!

ほぼ半数近くが審査に通過したしたことになります。

では逆に審査に通らなかった残りの17枚ですが、半分はピントやノイズによるNG、もう半分は素材として適切ではないという理由でした。

おそらく33枚のうち30枚は同じテーマと似たような題材の写真だったためと思われます。

ということは一つのテーマの題材で15枚程度は審査に通り、それより多くなるとテーマ、題材の重複とみなされて審査に通らないという推測が立ちます。

となると少しでも無駄なく投稿写真の審査に通すなら、一つのテーマ題材につき10枚前後ずつ投稿して行けばよいのではないかと思います。

この調子でどんどん投稿していこうかと思います。

次回このサイトに投稿する際に実際に1テーマ10枚前後ずつ投稿してみてどれだけ審査に通るのかを試してみようかと思います。

ストックフォト 撮影 スキルアップ への道 その10& ストックフォトサイト fotolia その3

今回はfotoliaに24枚写真を新たに審査に出しました。

fotoliaは個人的に登録したストックフォトサイトの中で最も審査が厳しいサイトだと思っているので、審査に通るのは4枚以下になるかと思っています。

これまで投稿したストックフォトサイトにおいて審査に落ちているのはピントやブレなどが原因となっていることが9割以上となっており、毎回画像を拡大して確認はしているのですがそれでもまだまだ不安は拭えない感じです。

こちらの審査結果は他のストックフォトサイトと比べて出るのが早い印象でしたので近々審査結果をお知らせできると思います。

ここでちょっと一息ついてfotoliaからadobe stockのチュートリアルにリンクが貼られており、そちらから写真の投稿からタグ付けなどの解説がされております。

参考までに一度みてみるといいかもです。

https://helpx.adobe.com/jp/stock/tutorials.html

 

 

ストックフォトサイト PHOTOLIBRARY その1

では今回はストックフォトサイトをチェックしていきます。

まずはこちら

photolibrary

です。

こちらは写真だけではなく、イラスト動画なども販売できます。

写真のサイズS・M・Lごとに価格を設定し、売上は毎月末日締めで販売価格から販売手数料を引いた合計が3,000円以上になった場合、 翌々月の25日まで(土日祝日は翌営業日)に登録口座へ振り込まれます。

登録されている写真などを見てみるとクオリティにもばらつきがありますが、その登録枚数の多さから多くの人が登録しているサイトだと思います。

 

もちろんクリエイターとして登録するのは無料で出来ます。

審査期間などは実際に投稿してみてこちらのサイトからお知らせできればと思います。

 

登録手順はこちらのヘルプページから参照してください。

https://www.photolibrary.jp/help/upload/#b1

サイトのイメージ

今回はおまけでどんな写真が登録されているのかをちょっと検索してみます。

という訳で試しに『iphone』で検索してみました。

検索結果が339件とあり、(人気順で表示)モデルさんを使った写真が多く投稿されていて人気もあるようです。ただ件数としては339件しかないので『iphone』とタグで付けられた投稿写真は投稿しても見て貰えそうです。

では今度は『たまねぎ』で検索してみます。

今度は検索結果がなんと5446件、150枚ずつ表示していっても37ページ分あります。この場合は自分の投稿した写真は一番最後の方のページに来るのでタイトルやタグで工夫するか、そもそも『たまねぎ』の写真は競争率高すぎなので撮らなくてもいいのでは・・・といった感じですね・・・。

では次回は別のストックフォトサイトを紹介していきたいと思います。

そして次回もどんな写真がサイトに投稿されているのか同じキーワード(『iphone』『たまねぎ』)で検索してサイトの雰囲気を見ていきたいと思います。