ストックフォトサイト shutterstock 登録 その2 (2018年12月時点)

では前回に引き続いてshutter stock のW-8BENの入力を見ていきます。

前回はパート1の部分を入力しました。

それがこちら

パート1の部分で入力するのは氏名と住所、そしてマイナンバーの数字と生年月日です。

そしてここからがちょこっとだけ大変なパート2の入力です。

一番下のサインは自分の名前を英語で2回入力するだけなので難なくできると思います。

まずはパート2の質問9のところはjapanでOKです。

そして質問10ですが、条項番号の12(1)とその条項だと税率が0.00パーセントになるので入力するのは

12(1)0.00%でOKです。(2018年12月時点)

そして空欄を埋めた文章

Special rates and conditions (if applicable—see instructions): The beneficial owner is claiming the provisions of Article 12(1) and paragraph of the treaty identified on line 9 above to claim a
0.00%rate of withholding on (specify type of income):

これをグーグルの翻訳で翻訳すると

特別料金および条件(該当する場合 – 説明を参照):受益所有者は、第12条第1項の規定および上の9行目に記載されている条約の段落を請求している。
源泉徴収率0.00%収入の種類を指定してください):

こんな文章になりました。

というわけで最後の文章ですが収入の種類を英語で入力しています。

私の場合は画像だけでも良かったのですがもしかしたら動画も投稿する可能性があるかもしれないので 以下の文面にしました。

motion picture/terevision content and a 0.00% rate of withholding on image and other content.

これをまたグーグル翻訳で翻訳すると

映画やテレビのコンテンツ、および画像やその他のコンテンツに対する0.00%の源泉徴収。

という感じになります。

実際フォームから入力したときは、

motion picture/terevision content and image and other content.

で入力していました。

映像コンテンツ及び画像、その他のコンテンツ

といった意味合いでしょうか。

そしてだいたい2,3日ぐらいでこの書類の審査が終わると

報酬のタックスセンターの表示が

フォームW-8BENは○○年月日に承認されました。

と表示されます。

ここまでこれば後はその他のプロフィール部分を入力して写真を審査に出すだけになります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

ストックフォトサイト shutterstock 登録 その1

ストックフォトサイトshutter stockですが最後に投稿したのはこのブログを始めた直後の2018年の5月でしたが、投稿当時はストックフォトサイトの紹介をしただけにとどめていました。

というのも当時は登録する際に10枚のポートフォリオを送信して、審査に合格したら登録できるという厳しいハードルがあったため、一度登録をしようと審査に出してみましたが登録できなかったという経緯があったため、去年の5月からそのままの状態でした。

あれからしばらくしてスマホから会員登録ができる(去年夏~秋ごろ)ようになり、そちらの方からだと10枚の写真審査なくして登録できたので登録だけ済ませている状態でした。

ただその時も一度に審査に出せるのは10枚だけで、ある程度売り上げ実績がなければ審査に出す枚数の増加申請をしてさらにそこで審査という流れでした。

しかし、先々月あたりからその流れが変わっていたようなのでそのあたりいろいろ試してみた結果なども含めてお知らせしていこうと思います。

ShutterStockについても税関係の申請『W-8BEN』等の提出が必要になります。

というわけでShutterStockのクリエイター登録ですが、

これはShutterStock のコントリビューターで検索してもらうといいと思います。

登録が終わったら報酬のコンテンツのタックスセンターから登録を進めていきます。

「米国の税制上で、米国人に該当しますか」では
◎いいえ
「Shutterstockに個人として寄稿していますか、事業者として寄稿していますか。」では
◎個人
でOKです。

次は『W-8BEN』の登録です。

というわけで審査に通ったW-8BENにどんな項目を入力したかを見ていきます。

以前投稿したFotolia・adobe stockと同じ内容ではありますが

パート1の部分の入力はこのようにしていきます。

次回パート2の部分とパート1の部分を改めて紹介していきます。

 

ストックフォトサイト shutterstock その1

今回はストックフォト

shutterstock

をチェックしてみます。

こちらも無料で登録できるようです。

海外向けのイメージがあり、報酬もドルで換算されるようです。

では早速今回もそれぞれのワードで検索してみます。

38012件の検索結果が出ました。

検索結果の写真を見て気付いたのですがこちらはアップルのロゴが入った写真でも投稿出来るようですね・・・。審査が厳しいfotoliaに投稿していく前段階として、こちらのサイトをステップとして投稿していってもいいのかも。といった気がします。

では次は『たまねぎ』で検索してみます。

1,207,649件の検索結果が出ました。

やはり海外向けのストックフォトサイトだけあって投稿枚数が多いですね。

全体的な件数はfotoliaより多いですがどちらのサイトが審査に通りやすいのか

一度登録してみて今後このサイトにて検証と報告をしていきたいと思います。