ストックフォト 撮影 スキルアップ への道 その4

今回は引き続きCANONのワークショップ

ポートレート撮影体験「人物の上手な撮り方、撮られ方!」

こちらのレポートをしていきたいと思います。

今回についてはペア参加のイベントのため、友人と参加してきました。

流れとしてはカメラの操作説明から始まり、スライドにて

カメラの撮影モード、被写体と背景とのボケ感を出すための絞りについて、そして構図の紹介、モデルのポーズとその映り方を見ていきました。

前回までと違うのはレンズを標準(又は望遠)レンズと、単焦点レンズを使って撮影をしたことと、撮影の際にはCANONのショールーム内での撮影と、ショールームから出て野外での撮影と撮影時間はこれまでより長めになっていました。

カメラは一人1台ずつ貸し出され2人でペアになり、それぞれ標準(又は望遠)レンズと、単焦点レンズを取り付けて交換しながらそれぞれのレンズで撮影といった流れでした。

背景と被写体とのボケ感を演出するには単焦点レンズ、そして望遠レンズを使うのがいいということで、このワークショップをきっかけに単焦点レンズにも興味を持つようになりました。

とりあえずこれで気になるワークショップに一通り参加してみた訳ですが、カメラの基礎知識と構図について自分なりに知っておかなければ次のレベルには行けないなと感じました。

そこで今度は自分なりに参考になりそうな書籍を手元に置くことで、すぐに確認できる教科書的な何かを探すことが次の課題となったわけです。

次回は自分なりにわかりやすいと感じた書籍をいくつか紹介できたらと思います。

 

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

ストックフォト 撮影 スキルアップ への道 その3

前回参加したCANONのワークショップ

 

構図で決めるお洒落フォト

 

『和』を写そう ~和を感じる写真の撮り方~

のそれぞれで撮った写真を見ていきたいと思います。

ワークショップは

『和』を写そう ~和を感じる写真の撮り方~構図で決めるお洒落フォト

の順番で参加して来ました。

初のワークショップ『和』を写そう ~和を感じる写真の撮り方~

で撮影した最初の写真はこちら!

何もわからずとりあえず撮ってみた初ワークショップの最初の1枚です。

 

次はアドバイスを貰って少し修正したもの

ここからはピントと撮影の主役にしたいものを入れ替えながら

そして最終的には構図も意識しながら小物も入れ替えつつ撮影しました。

続いて参加した

構図で決めるお洒落フォトのワークショップで撮影したものはこちらです。

 

次回は引き続き参加したCANONのワークショップで

ポートレート撮影体験「人物の上手な撮り方、撮られ方!」

のレポートをしていきたいと思います。

ストックフォト 撮影 スキルアップ への道 その2

今回はCANONのワークショップのレポートをしていきたいと思います。

ワークショップでCANONが貸し出してくれたカメラはこちら

Canon CANON EOS Kiss X9 です。

スペックなどの詳細は

以下のページにて

今現在使っているPowerShot SX500 ISと比較してみると

約1600 万画素 → 2420万画素

センサーサイズ:1/2.3型 → APS-C(約22.3×14.9mm)

DIGIC 4 → 7

ISO :100-1600 → 100-25600

シャッタースピード:15 – 1/1600 秒 → 30~1/4000秒

と大幅に性能がアップしたものを使うことになりました。

そんな中

『構図で決めるおしゃれフォト』と

『『和』を写そう ~和を感じる写真の撮り方~』のワークショップに参加してきました。

ワークショップ自体は1テーマにつき大体1時間半ぐらいに収まる内容になっており、参加者は大体4~6名前後といった感じでした。

ワークショップの流れとしては

1、ショールームスタッフさんによるカメラの操作説明

2、テーマに沿ったスライドで構図の種類や、写真の撮り方、ポイントなどを解説

3、最後はショールームにある小物と背景用のパネルを使って時間が来るまで撮影

4、撮影した写真の中から1枚を選んで印刷してもらい、アンケートを書いて終了

といった流れでした。

撮影中はショールームスタッフさんに質問することもでき親切に教えてくれたり、うまく撮るためのコツなども教えてくれたりするのでカメラの知識がない人でも安心して参加することができます。

今回は1人で参加しましたが人数が10人以下の定員となっているため、いろいろ質問しながら自分のペースで撮影の練習ができました。

このワークショップでわかったのはカメラの知識のうち最低限押さえておかないといけないことがいくつかわかりました。

カメラの機能の知識としては

絞り(F)値、ISO、シャッタースピード

の3つ。

そして写真の撮り方としては

構図、明るさ

の2つ。

この5つについてはちゃんと自分でも勉強しなければと思いました。

次回は

『構図で決めるおしゃれフォト』と

『『和』を写そう ~和を感じる写真の撮り方~』のワークショップでどんな写真を撮ったのかを紹介していきます。

ストックフォト 撮影 スキルアップ への道 その1

さてさて、これまでいくつかのストックフォトサイトに投稿してきて数々の掲載NGを食らってきましたがここから撮影のスキルアップのために何ができるのか?を考えていこうと思います。

もちろんできるならなるべく

『お金をかけず』に、かつ『手軽に』『初心者OKのもの』

をテーマにして何ができるのかを考えていきます。

まず思いつくのがカメラの撮影会やセミナーなどがあります。

そして次に思いつくのが『本』!

何か参考になりそうな、初心者でもわかりやすいものを探して行く必要がありそうです。

そしてある程度の知識を仕入れたら『実践』!

実際に写真を撮って撮影のスキルを上げなければ状況は変わらないかと思います。

というわけでまずは

『初心者でも参加できそうな』

かつ

『なるべく参加費用がかからなさそうなもの』

を探してみました!

すると…、

ありました!

CANONのワークショップです!

東京、名古屋、大阪のCANONのショールームで開催されており、

参加費用も無料のようです!

というわけで

開催されているワークショップのうちいくつかに参加してみようと思います。

気になったワークショップは

以下の3つです。

構図で決めるお洒落フォト

ポートレート撮影体験「人物の上手な撮り方、撮られ方!」

『和』を写そう ~和を感じる写真の撮り方~

まずはこの3つのワークショップに参加してみようと思います。

ちなみにこの3つのワークショップでカメラの貸し出しもしてくれるようなので、持っていくのは撮影データ保存用のSDカードと、筆記用具だけでいいとのことです。

というわけで次回はどんな感じだったのかのレポートをしていきたいと思います。