名城公園フラワープラザでの撮影! 写真AC審査編

前回の投稿で審査に出した写真の一部の審査が完了しているのでお知らせしようと思います。

写真ACの方は155枚審査に出していますが、審査中のものが今現在62枚。

そして初めてのプロパティリリースを取得して審査に出してその審査に通ったのが

なんと86枚!

これで販売中の写真の枚数が大幅に増えることとなりました!

写真ACの公式プロパティリリースの書類ではなかった為、審査結果に大きな不安がありましたが自治体の土木事務所の申請許可書でも何とか大丈夫なようです!

使用料がいくらかはかかりますが、写真の練習と枚数をなるべくたくさん撮影することでもしかしたら元は取れるかもしれません。

ちなみに写真ACだと1300円÷2.8円=464.2 8・・・

となりますので、465ダウンロードで元は取れたことになります。

同時にfotoliaやphotolibraryなどにも投稿しておけばより確実だと思います。

あとは審査中の62枚のうち何枚がさらに審査に通るのか、というのと465ダウンロードは実際されるのかという不安はありますが、今回の撮影で自治体の管轄する建物などでプロパティリリースを取得して撮影する流れを知ることができたのでこれはこれでプラスにはなったと思います。

審査通過枚数も大分増えたということで、次回は写真ACの今の自分のダウンロード数やどんな写真が売れたのかなどの簡単な分析をしてみたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

名城公園フラワープラザでの撮影! 初めてのプロパティリリース取得編

今回は名城公園フラワープラザの撮影に行ってきました。

名城公園の園内にある施設で入場料は無料で中に入ることができます。

施設内にはアトリウム、モデルガーデン・ナチュラルガーデン等があり写真を撮るにはもってこいの場所です。

ただそういった施設の写真をストックフォトサイトで販売するのはさすがに無許可でするわけにはいきません。

というわけで今回ははじめてプロパティリリースを取得して撮影をすることにしました。

まずは、フラワープラザの事務所で許可申請を公園を管轄している土木事務所にするわけですが撮影日の10日以上前に申請を出さなければいけないということで日程を決めて事前に申請書を提出してきました。

その時の申請書がこちら

 

※記載事項の一部は白塗りにして空欄に戻してあります。

申請書は複写式になっており申請の許可がおりると、複写されたものが控えとして戻ってきます。

一緒に写真ACのプロパティリリースの許可書も提出しておいたのですが

戻ってきたのはこちらの都市公園内行為許可申請書だけだったので写真ACには

戻ってきた許可申請書の写しをスキャンしたものを提出しました。

そして今回は無事使用許可がおりたため、申請書の控えと使用料1300円分の振込用紙が郵送されて戻ってきました。

さて次回はいよいよ撮影編です。