手持ちの Canon の単焦点レンズ の画角を比較

Canon EF-S 24mm f/2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

が届いたのでさっそく前まで利用していた、

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

と同じISO感度、F値、シャッタースピードで画角の違いを検証してみました。

まずは

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

で撮影した写真はこちら

そして

Canon EF-S 24mm f/2.8 STM

を使って同じ位置から同じ設定で撮影した写真がこちら

画角が大きく広がり建物全体がレンズに収まるようになりました。

これならもし距離の取りづらい場所から広い範囲を撮影するときに

画面に収める写真が取れるようになりました。

ちなみにこのレンズを使って撮影した写真はすでに写真ACに審査に出しており、

こちらは岩屋堂公園の紅葉のライトアップの写真だダウンロードされています。

そしてこの2枚の写真は

曽木公園の紅葉と池に反射した紅葉(逆さ紅葉)の写真もダウンロードされています。

この曽木公園は被写体を撮影する足場が狭くあまり距離が取れない場所だったため、今回のレンズがなければ撮影できなかった一枚でした。

今後も

Canon EF-S 24mm f/2.8 STMのレンズを使ってこれまで撮りたくても撮れなかった写真をどんどん撮影していこうと思います。

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

今使っている単焦点レンズで気になってきたこと

以前購入した単焦点レンズCanon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応ですが、ちょっと狭い室内や被写体が風景、建造物などの大きなものになると画角に収めるまでの距離が必要となってしまいます。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応の場合、APS-CのEOS KissX8iで使う場合

フルサイズでは被写体から50mmで全く問題ないのですが、

APS-Cですとフルサイズレンズ×1.6からが焦点を合わせられる距離となるので

50 ㎜× 1.6=80㎜となり

明るくできるという点では非常にありがたいのですが、被写体から距離を取れない状態&状況で撮影するときには『画角が狭すぎて収まりきらない』という不自由さを感じていました。そして収まりきらない写真は撮影自体をあきらめていました。

ある程度被写体に接近して撮影できるレンズで画角の広いもの、なおかつ明るいレンズ(F値を標準レンズ【4.6~5.0】より低く設定できるレンズ)を探していたところ、

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応


Canon EF-S 24mm f/2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

が候補として上がりました。

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応の方はレンズも薄くて軽く、今現在持っている単焦点レンズ EF50mm f/1.8Ⅱ よりも明るさは暗くなりますが、40mm×1.6 =64mmなので

少し焦点距離が短くなるという点がすごく惹かれて候補にしました。

そしてもう一方の

Canon EF-S 24mm f/2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STMの方は現在持っている単焦点レンズ EF50mm f/1.8Ⅱ よりも明るさは暗くなるのは当然ですが、

24mm×1.6=38.4mmということで

より焦点距離を短くできる点と、画角についてのレビューも多く記載されておりも画角の面で今の状況を改善できそうな感じだったのでこちらも候補にしました。

そして2、3日かけていろいろと悩みましたが、今現在使っているEOS KissX8iはAPS-Cの一眼ということと、そして今の時点で最も重要なのが

1、普段のスナップ撮影のようなすぐにカメラを取り出して、パパっと撮影できるスナップ撮影用のレンズが必要ということ、

そして

2、EOS KissX8iで撮影できるものや風景の画角的・距離的範囲を増やしておきたいということ

の2点から
Canon EF-S 24mm f/2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

を導入することにしました。

次回は実際にこのレンズと Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応とを使った感じを比較して投稿したいと思います。

ストックフォトサイト adobe stock(fotolia) もう一枚売れました。

現在投稿しているストックフォトサイト adobe stock(fotolia)にてもう一枚売れました。

これまでは一枚売れたら次に売れるまでかなりの時間が掛かっていましたが、11月の末あたりからだんだん売れるペースが上がってきたような気がします。

 

ちなみに今回売れた写真はこちらの一枚。

こちらは去年の秋ごろに撮影した写真になります。

初めてプロパティーリリースを申請して許可を取ってから撮影した場所になります。

参考までにですが、撮影した時の投稿はこちら!

今現在真冬ではありますが、意外にも夏っぽい写真も売れてくれるみたいです。

冬の写真と春の写真の枚数がまだまだ少ないので四季の写真は一通り揃っている状態に持っていきたいです。

canon のEF50mm f/1.8Ⅱ で念願の玉ボケ 写真

以前投稿した

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応 ですが

 

ついに前々から撮影してみたかった玉ボケ写真が撮影できるようになったので

撮影してみました。

撮影のための設定は

1、F値を一番低く設定(F値1.8)して撮影すること

そして

2、レンズをオートフォーカスからマニュアルフォーカスに切り替えておくと

玉ボケ写真が撮影しやすかった印象です。

操作としては

レンズ画像のAFのスライドスイッチをMFにスライドさせるだけです。

導入したのは去年の夏ごろでちょうどお祭りシーズンだったので

その時の写真を紹介していきます。

まずはこちら

七夕祭りの写真です。

人込みも多く普通に撮影では顔が映り込みモデルリリースとかの問題も出てきてしまうので玉ボケで撮影。

写真ACの審査にも通過しております。

次はこちら

繁華街を玉ボケ撮影。こちらも写真ACの審査に通過済みで5回ダウンロードされています。

そしてこちらもお祭りで大通りが歩行者天国になっていたので普段は撮影できない横断歩道のど真ん中から撮影しました。

なおこちらも写真ACで審査に通過しており4回ダウンロードされています。

そしてさらにさらに同じ日の同じ時間帯で撮影しました。

イルミネーションの玉ボケ効果でかなりいい感じになっております。

もちろんこの写真も写真ACで審査に通過し4回ダウンロードされています。

この単焦点レンズで表現の幅が大きく拡がったような気がします。

今後はポートレート撮影などで大いにその成果を発揮してくれることでしょう。

 

単焦点レンズ 導入しました!

これまで標準レンズをずっと使ってきましたがそろそろ次のレベルへ進みたいと思っていた最中、『単焦点レンズ』というものを知り気になっていろいろ見ているうちに

canon のEF50mm f/1.8Ⅱ なる単焦点レンズを見つけました。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

ではどうしてこれが気になったのかというと

よりF値の低い、明るいレンズを使いたかったというの(F値をいじってキラキラした写真を撮ってみたい!)と、単焦点レンズはピント合わせが標準レンズよりもシビアなため、被写体を撮影するときにはズームリングを動かしてもたいしてズームできず撮影するカメラマンのほうが移動して構図や被写体との距離感を作り出す必要があるためスキルアップをするにはもってこいのレンズと言われていること。(レベルアップしたい!)というのが動機です。

とくにポートレート撮影ではピントのシビアなところからよりボケ感を演出しやすくなり被写体を際立たせる写真が撮れるという触れ込みもあるようです。

ちなみにこのレンズはフルサイズにも対応しているため、いずれフルサイズ機を購入した時にも大いに役立つというのと(なんだか長く使えそう

なんだかんだで1万円以下で手に入る!というのが一番大きな決め手になりました。

というわけでこのレンズに決めました。

実際に撮影した写真はこちら【F値4.0】

このレンズが入っていた元箱とこれまで使っていた標準レンズを撮影してみました。

ちなみに同じ構図でF値を一番低く(明るく)して標準レンズで撮影する【F値5.6】

こんな感じです。上の写真よりも暗くなってしまっています。

ちなみにこの単焦点レンズはF値を1.8まで下げて明るくできますので光量が少なくなってきてもある程度はカバーできるのがうれしいところです。

ただ一つ弱点を挙げるとしたら、このレンズの焦点(ピント)距離が50mmとありますがセンサーサイズがAPS-CのX8iでは50mm×1.6=80mmが実際の焦点距離となってしまうため、標準レンズより画角(移る範囲)が狭くなってしまう点と標準レンズよりも被写体から距離を取らないとピントが合わず、逆に距離を取りすぎるとピントがズレてしまうという弱点があります。

ピントに関しては単焦点レンズの強みを弱点に言い換えただけなので問題はないのですが、画角が狭くなってしまうのは構図を考えるときにはなかなか考えモノです。ただそれらを踏まえたうえでこのレンズが使いこなせるようになると撮影スキルに関しても大きな自信につながってくると思うのでこのレンズでいろいろと撮影してレベルアップをしていきたいと思います。

 

ストックフォトサイト 写真AC 何とか駆け込みセーフ!

以前投稿した新年、年明けに関連する写真ですが29日深夜無事に審査に通過しました!

そして昨日さっそく一枚ダウンロードされていました。

ダウンロードされていたのはこの写真!

この写真の登録タグは29個ほどで使用したレンズは標準レンズです。

ISOは400、F値は4.5~5.6、シャッタースピードは1/70~80で今回投稿した写真は全てマニュアルモードで撮影しました。

今回審査に出したのは120枚ほどですが、審査に通ったのは75枚で

審査に落ちた理由は全て

「類似した作品が既に公開されています。」

というものだったので撮影技術に関してはクリアしていて一安心といったところでしょうか。

これで販売されている写真の総数は721枚!

まず最初の投稿目標1000枚まで

あと279枚になりました。

目標の1000枚まではまだありますがこれでかなり近づくことができたと思います。

ちなみにそれ以外で審査に通った75枚は

こんな感じです。

参考にしていただければ幸いです。

年内の投稿はこれで最後になりますがよいお年をお迎えください。

 

ストックフォトサイト 写真AC 明日から年末年始休業へ

ストックフォトサイト  写真ACですが12月28日(金)〜2019年1月6日(日)までは休業してしまうそうです。先ほど正月用の画像を120枚ほどアップロードしましたが、明日の金曜までに審査が終わってくれれば年末年始の需要にぎりぎりで間に合うかもです。

もし間に合わなければ残念ながら年末のビッグウェーブに乗り損ねてしまうかもしれません。

とりあえず、休業期間に入ってしまっても年末までにアップロードだけはあと200枚ぐらい追加して年明けには何とか4桁の枚数販売できるようにしておきたいところです。

水引の画像 / 画質を落としてあります。

そして年が明けてからはバレンタインやホワイトデーなどの関連画像を準備して今度はもっと早めにアップしておきたいですね。

あとは雪が降ればその写真も撮っておきたい!

最近休みがちだったこのブログの記事ですが、投稿したくてもできなかった分、年末年始でいろいろと投稿できたらと思います。

 

ストックフォトサイト fotolia 登録タグ倍増計画 しかし…

昨日の投稿から一晩たって、写真ACの写真がさらに3ダウンロードされて245ダウンロードになっていました。

というわけで次はfotoliaの方の登録タグも増やしてみよう…ということで

マイページのクリエイターエリアから

すべてのアップロード作品のページをみたところ

登録タグの編集ができそうなところが!?

一番右のアクションのところに索引情報の設定というのがありました。

そこを開くと

一番右のタグリストのところから編集できるのではないか?

ということでカーソルを合わせたり

タグウィンドウの近くのボタンをいろいろ押したりしてみましたが

登録タグの順番は変えれてもタグの追加や削除ができない!!

 

できるのは審査に通った写真の削除ぐらいでした・・・。

どうやらfotoliaでは一度審査に出すと登録タグの追加や編集はできないようです。

というわけで写真そのものの削除か、登録タグが少ないままにしておくかどちらかしか選べないことがわかりました。

今現在、fotoliaの販売中写真(審査通過済み)は281枚とまだ少ない状態で、

写真ACの方で販売している名城公園フラワープラザの写真150枚ほどはfotoliaではまだ審査に出しておらず、登録枚数も写真ACの半分前後ぐらいなので今回fotoliaの登録タグはそのままにしておくことにしました。

ストックフォトサイトによっては一度審査に出すと登録タグの編集ができないところもあるので、写真を審査に出す際にはお気をつけください。

ちなみに写真ACでやったプロフィールの充実が出来るかどうかですが、そもそも一般公開用のクリエイターのプロフィールページが無いため

『マイアカウント』→『自分のポートフォリオを見る』

で表示される作品群がそのままプロフィール変わりになっているようです。

しかも『自分のポートフォリオページ』の写真の中からタグ検索がしっかり出来るようなのでわざわざカテゴリごとのリンクを作る必要もなさそうです。

結果としてfotoliaに関しては登録タグ倍増計画はそもそもできず、今現在出来ることは

ちゃんと登録タグをたくさん登録して、写真をたくさん投稿する。

ということとなりました。

結局それか…。

という感じではありましたが今後はfotoliaの登録タグもちゃんと力をいれて行かなければという、『明日から本気出す!』的な結果となりました。