野外での撮影に挑戦! 夜の夏祭り

今回は前回に引き続き更に明るさの設定が難しい夜の夏祭りの撮影に挑戦してきたとき(先週開催)のレポートです!

今回も応用撮影モード(絞り優先+シャッタースピード優先)でISOは上限400の設定を外し、上限なしのISOオートに設定!ISO400上限ではF値をどんなに低くしようとも暗くなりすぎてしまう&奥行きのある風景写真なのでF値はなるべく9以上で撮影したい!!ということで今回はストックフォトには審査には出してみますが夜の撮影のための練習がメインといった感じです。

使ったレンズですが今回も風景撮影でおなじみの望遠レンズ+標準レンズを使っての撮影となりました。

最初のうちは

こんな感じの少し寂しい感じの写真になりましたが、ホワイトバランスを『曇り』に変更して改めて撮影!

画面がだいぶ明るくなりました!

この撮影ではついでに『ボケ感を出す』というのも狙ってF値を一番小さい値にしてみましたがどうもうまくいきませんでした。

というわけでボケ感についてはそうそうに諦めていろいろと撮影!

あまりお祭りを連想させるものが会場に無かったので枚数はあまり撮れませんでしたが最終的にはこんなのが撮れました!

今回も写真AC、fotoliaに審査に出してみますが(今回は12枚のみ)初めての夜の風景写真初めてのISO400以上の値での撮影ということで

果たして何枚通るのか?!結果が非常に気になるところです!

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

野外での撮影に挑戦! 夜の夏祭り」への2件のフィードバック

  1. こんにちは、ひかりです。

    撮影にもいろいろな準備、調整が必要なのですね~!!
    思うようなイメージの写真が撮れたら嬉しいでしょうね^^
    こちらもワクワクしてきます^^
    ありがとうございます。

    1. ひかりさん コメントありがとうございます。
      じっくり撮影する時間がない時は多少の設定で撮影できる『応用撮影モード』なる便利な撮影モードを使ってたくさん撮るようにしています。
      イメージ通りの写真が取れた時はもちろん、アクシデント的にいい写真が撮れてしまうこともあるので撮影するたびにいろいろな発見があって楽しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です