手持ちの Canon の単焦点レンズ の画角を比較

Canon EF-S 24mm f/2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

が届いたのでさっそく前まで利用していた、

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

と同じISO感度、F値、シャッタースピードで画角の違いを検証してみました。

まずは

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

で撮影した写真はこちら

そして

Canon EF-S 24mm f/2.8 STM

を使って同じ位置から同じ設定で撮影した写真がこちら

画角が大きく広がり建物全体がレンズに収まるようになりました。

これならもし距離の取りづらい場所から広い範囲を撮影するときに

画面に収める写真が取れるようになりました。

ちなみにこのレンズを使って撮影した写真はすでに写真ACに審査に出しており、

こちらは岩屋堂公園の紅葉のライトアップの写真だダウンロードされています。

そしてこの2枚の写真は

曽木公園の紅葉と池に反射した紅葉(逆さ紅葉)の写真もダウンロードされています。

この曽木公園は被写体を撮影する足場が狭くあまり距離が取れない場所だったため、今回のレンズがなければ撮影できなかった一枚でした。

今後も

Canon EF-S 24mm f/2.8 STMのレンズを使ってこれまで撮りたくても撮れなかった写真をどんどん撮影していこうと思います。

スポンサーリンク


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です